介護福祉用具は使う人の状態や場所に応じて選びましょう

介護福祉用具は高齢者自身瘀安全な動作や自立を助けてくれます。
さらにそれには介護する人の負担を減らす意味合いもあります。
しかし、介護福祉用具を検討する前に
親が何ができて何ができないのか?
客観的で第三者的な視点から見極めなくてはなりません。

ちゃとえば歩行にしh相がある場合
杖や手すりがあればいいのか?車椅子なのかか?
排泄はトイレに行けるか?ポータブルトイレがいいのか?オムツなのか?
それぞれ一人一人によって異なりますし、時間の経過によっても変わってきます。

さらには使う場所や使う人が使いこなせるか?という課題も出てきます。

とはいっても、最初からなにをどうそろえればいいのか?なんてなかなかわかりません。
失敗しないためにはお背に話なっている理学療法士やソーシャルワーカー
地域の在宅支援センター
介護実習
など専門家の意見を参考にしましょう。

介護福祉用具はまず必ず試すことを怠ってはいけません。
必要な介護福祉用具ですが、m実査費浸かってみないと役に立つかどうかわからないものです。
ですからできるだけ福祉用具は予め試してみる機会を作ることをおすすめしますy。
できれば使う本人が出向いて実際に試してみるのが一番ですが、無理な場合は家族が本人の身体の状態を説明して相談員からアドバイスをもらいながら選びましょう。

介護保険で福祉用具のレンタルを利用する場合は「居宅介護支援事業者や福祉用具貸与事業者に専門尾宗田人がいます。
彼らに相談に乗ってもらいましょう。

身体が不自由人合ってからでも遅くはありません。
最少限でもいいので必要な物を揃えましょう。例えば
簡易スロープ
車椅子用クッション
歩行器
大腿骨頸部骨折予防装具
失禁パンツ
パンツ型おむつ
尿パッド
ポータブルトイレ
シルバーカー
T字方杖
最近では様々な介護委福祉用具が開発されています。
今の親になにが必要なお以下?
を考えながら居宅介護支援事業者や福祉用具貸与事業者に相談しながら選んでいきましょう。
認知症 GPS 持たせ方

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です