コートはクリーニングに出した後に一度必ず風に当てておく

冬物の中で高価なものが多いのがコートではないでしょうか?
数万円?十数万円?
そんな高価なコートならシーズンオフの衣替えの時にクリーニングに出すはずです。
しかし、多くの方がクリーニングから返ってきたコートをそのまましまい込んでしまっています。
クリーニングから返ってきたコートはビニールんのカバーで包装されています。
これをそのままにしておくと湿気で蒸しやカビを「繁殖させてhしまいかねません。
ですのでそのビニールのカバーを外し一度風に当てておくことを歩勧めします。
これで湿気を取り、またドライクリーニングで残った薬品も蒸発させることができます。

クリーニングの後の管理が大事なコート意を長持ちさせるポイントでもあります。

風w通しの世場所で儒文意干す。
それだけでかなりコートの寿命は変わってきます。
あtだしm、クリーニングから返ってきた時につくぁれているハンガーが細いので型崩れの下人位もなります。
必ずしっかりとした太いハンガーにつけ直しおいてください。

ただし、クリーニングはコートをかなり痛めつけてしm、逢うことも事実です。
できれば、m日頃のお手入れも需要です。
コートを着た日には、帰宅したらハンガーに必ずかけて軽くホコリを落とすためになにかの棒などで軽くたたくことをおすすめします。
例えば布団叩きのようなものでもOkです。
さらに洋服ブラシなどで生地の流れに沿って軽くブラッシングもしておきましょう。
それだけでかなりコートの汚れを防ぐことができます。

またウールのことはうっかり長い時間床に置いておくとシワがつくことがあります。
しわが目立つ場合は、スチームアイロンの蒸気をウールの生地ギリギリまで近づけて取りましょう。
決してスチームアイロンをウールのコートの生地に直接当てないようにしてください。
そうすると形状記憶力で元に戻るはずです。

実はコートはできるだけクリーニングに出さない方が賢明です。
高価なコートならば尚更です。
頻繁にクリーニングに出すのはあまりおすすめしません。
カナダグース クリーニング 失敗

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です