ケアプラン作成などを担う居宅介護支援と予防介護支援とは

心身の状況や置かれている環境などに応じた「サービスを提供」をするため、利用者?課題を分析しその解決を図るために介護支援計画(ケアプラン)を作成することで居宅において自立した日常生活を送れるようにするサービス
それが
・居宅外語彙支援
・予防介護支援
です。

要介護者を対象とする居宅介護支援は介護支援事務所で提供されます。
要支援者を対象とする予防介護支援は地域包括支援センターで提供されます。

ケアマネージャーは居宅介護支援と予防介護支援支援を行います。
ケアマネージャーはそのためのケアプラン作成後も利用者にとって最適だと思われる介護事業者を人員・設備・設備などの面から選定して手配します。
さらにその手配した介護事業者との契約締結を手伝い、そのサービス開始後も定期的に利用者を訪問し状況を確認します。
このケアマネージャーが利用者のサービス利用状況をモニタリングすることはとはとても大事であり大変な業務でもあります。
なぜなら利用者の状況は常に一定とは限らず、状況によっては臨機応変いへの変更しなければならないこともあるからです。

毎月市町村に連絡して、必要に応じてケアプランや事業所の見直しも必要であれば行います。

それだけでwなく利用者が自宅で自立した日常生活を送れるような生活環境も整えなければなりあm線。
そこで介護保険で行う手すりの取り付けなど住宅改修もあります。
住宅改修は介護保険の対象となるサービスです。
手すりの取り付け
段差の解消
それらの拐取に当たっては事前い市町村に届け出る必要があります。
審査の結果それが必要と認められれば総額20万円を上限に介護給付が支給されます。
なお介護保険での受託回収は原則1戸につき1回ですが、転居の場合や要介護認定が3段階以上上がった場合には再度の申請も認められます。

このあたりのこともきちんと利用者に説明して理解しておいてもらい必要があります。

介護といってもかなり広範囲なことまでサポートしなければならないケアマネージャーも大変です。
介護ソフト 比較

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です